2016年

7月

06日

NHKテレビの取材がありました。

7月2日(土)の午前中、NHKテレビの取材があり、同日の午後9時前のニュースで放送されました。花の表情や、園全体の様子を美しく撮っていただきました。翌日から、来園者の数も大分多くなりました。

花の撮影中
花の撮影中
インタビューに答える占い師の「美佳」さん
インタビューに答える占い師の「美佳」さん
いつもの仲間たちも集まってくれました
いつもの仲間たちも集まってくれました
0 コメント

2016年

6月

29日

ヘメロカリス園 花が見頃となってます

今日は朝から曇り空で、花を見るには良いコンディションです。特にこういう日は、赤色の花が美しく映えます。

オリジナル新花も、今日は綺麗に咲いています。

「田舎娘」(いなかむすめ)、オリジナル新花
「田舎娘」(いなかむすめ)、オリジナル新花
赤色剣弁オリジナル新花
赤色剣弁オリジナル新花

「雪踊り」(ゆきおどり)オリジナル新花
「雪踊り」(ゆきおどり)オリジナル新花
「夜 会」(やかい)オリジナル新花
「夜 会」(やかい)オリジナル新花

桃赤バイトーン オリジナル品種
桃赤バイトーン オリジナル品種
茶橙色広弁フリル花 オリジナル新花
茶橙色広弁フリル花 オリジナル新花

「清 流」(せいりゅう)オリジナル新花
「清 流」(せいりゅう)オリジナル新花
0 コメント

2016年

6月

25日

ヘメロカリスが見頃を迎えています!

ヘメロカリスがたくさん咲いてきました。

今日は曇っていて強い日射しも無いので、花も大変美しさを保っています。

0 コメント

2016年

6月

22日

ヘメロカリス園開園中です!

日に日に花数が増えています。

今日は朝から小雨模様ですが、見学者はポツポツとみえています。特にマニアックな方が目立ちます。

0 コメント

2016年

6月

20日

2016年 ヘメロカリス園開園しました!

今年もヘメロカリスの季節となりました。

6月18日(土)よりヘメロカリス園をオープンしました。

今年は蕾の花茎が伸長する一番水の欲しい時期に、極端に雨が少なかったので、草丈がいつものように伸びきれませんでした。

全体に草丈がやや低めです。

現在5分咲きという感じです。6月の終わりから7月の頭頃が、花盛りとなるでしょう。ただ、早咲き、遅咲きの品種もあるので、その時期にしかみられない花もあるので、2~3回時期を変えて見に来られると、より多くの様々な花が見られます。

6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
6月19日の様子
0 コメント

2016年

5月

02日

“ヒメギフチョウ”探訪

高校時代の蝶仲間と一緒に、念願のヒメギフチョウとの出会いを楽しみに、関東唯一のこの蝶の棲息地を訪ねてみました。

例年5月の連休頃が発生期と聞いていたので、天気予報を聞いて、5月1日を選びました。

キャンプ場から山道を登った頂上付近が発生地という情報を聞いていましたが、いざそのキャンプ場に着いてみると、どう行ったらいいのかさっぱりわからず困っていました。

そうこうしているうちに、ちょうど地元の保護団体のメンバーの方と出会い、色々と保護活動の様子などお聞きしながら現地までご一緒していただきました。

食草のウスバサイシンは、山道近くのあちこちにたくさん自生していました。登り始めの付近では、葉はもうしっかり展開していましたが、蝶が卵を産むにはこの状態では開き過ぎということでした。

途中の林の中で蝶の飛ぶ姿が見られることもあるということでしたが、残念なが見られずこのまま今日は駄目かとがっかりしていました。

もう少しで頂上というところで、先を行っていた登山者たちが何やら

座り込んでいるので近付いてみると、「いるよ!」という声です。見ると、ヒメギフチョウが思っていたより早い動きで、元気良く行ったり来たり飛んでいました。この日初めての出会いでした。

 




0 コメント

2016年

2月

01日

今年の「福寿草展」より

平成福寿草の会による恒例の「福寿草展」が、今年も1月30日(土)、31日(日)の2日間、深谷市の市民文化会館にて開催されました。

降雪予報が出ていたので大変心配したが、幸い積もることもなく、無事に終えることができました。

今年は出品点数も多く、見に来られたお客さん達もそれぞれの花をひとつずつじっくりと観賞されている方が多く、満足されている様子でした。

私も約30鉢の作品を出品させていただきました。

今回の展示会の詳細をご覧になりたい方はコチラをどうぞ!

 

 

「伯 雪」(はくせつ)
「伯 雪」(はくせつ)
「紅孔雀」(べにくじゃく)
「紅孔雀」(べにくじゃく)
「玉 福」(たまふく)
「玉 福」(たまふく)

「爪 草」(つめくさ)
「爪 草」(つめくさ)
「白 宝」(はくほう)
「白 宝」(はくほう)
「浦山の紅」(うらやまのべに)
「浦山の紅」(うらやまのべに)

「車屋白」(くるまやじろ)
「車屋白」(くるまやじろ)
「撫 子」(なでしこ)
「撫 子」(なでしこ)

福寿草盆景 1
福寿草盆景 1
福寿草盆景 2
福寿草盆景 2
「 寿 」(ことぶき)
「 寿 」(ことぶき)
「爪折笠」(つまおれがさ)
「爪折笠」(つまおれがさ)

「風 車」(ふうしゃ)
「風 車」(ふうしゃ)
「三段咲」(さんだんざき)
「三段咲」(さんだんざき)
「白 楽」(はくらく)
「白 楽」(はくらく)

「朱 宝」(しゅほう)
「朱 宝」(しゅほう)
「若 光」(じゃくこう)
「若 光」(じゃくこう)
「御 所」(ごしょ)
「御 所」(ごしょ)
「親知らず」(おやしらず)
「親知らず」(おやしらず)

「金 采」(きんさい)
「金 采」(きんさい)
会場の様子
会場の様子

0 コメント

2015年

12月

25日

「るるぶ」に紹介されました

つい先日発行された、”るるぶ”の「東武東上線」版に、当農園が紹介されました。小さな記事ですが、ヘメロカリスの花時期にひとりでも多くの方にいらっしゃっていただければ嬉しいです。

”るるぶ” 「東武東上線」版 2015年12月発行
”るるぶ” 「東武東上線」版 2015年12月発行
1ページ 見開き左下
1ページ 見開き左下
9ページ「沿線イベントカレンダー」左下
9ページ「沿線イベントカレンダー」左下
0 コメント

2015年

11月

19日

ツバキが咲き始めました

秋も深まってきましたが、今年は暖かな日が多いので、早咲きのツバキが咲いてきました。

「細 雪」
「細 雪」
「島の唄」
「島の唄」
極淡い桃白色の極小輪花
極淡い桃白色の極小輪花
桃赤色の極小輪花
桃赤色の極小輪花
大白玉」
大白玉」
0 コメント

2015年

11月

09日

小川町里山くらぶ「秋の里山まつり」

恒例の秋の「里山まつり」が、昨日8日(日曜日)に開かれました。

あいにくの雨で、今回は野外ではなく、会場は地区の集落センター

内でしたが、大変盛り上がり楽しいひと時を過ごしました。

我々「満天座」も出演させていただきました。

隣のときがわ町の「百姓ジャンベ隊」やギター演奏の「かぶともり」、民謡の志方さんも自慢の尺八や歌声を披露してくれました。

ときがわ百姓ジャンベ隊の演奏、お子さん達も一緒のノリノリ演奏

「わたしが主役よ!」(右手前の女の子)

志方さんご夫妻の民謡ご披露

「かぶともり」の皆さんの、ハイレベルな演奏

左の女性が演奏している楽器は、のこぎりを弓で弾いています

「満天座」の演奏

ジャンベ隊の若奥さん達にも一緒に参加して歌ってもらいました

版画家リチャード・フレイビンさんもハーモニカ演奏と歌を披露してくれました。

和気あいあいの昼食風景

0 コメント

2015年

8月

30日

リコリス(ヒガンバナ類)の咲く季節となりました

8月中暑い暑い日がずっと続いていましたが、お盆の頃から雨が降るようになり、早咲きのリコリス類の開花スイッチが入ったようで、今年は我が家では8月20日頃から花が見られるようになりました。

まず最初に花を咲かせたのは、「ブルーパール」と「オフホワイト」でした。「ブルーパール」の色は、グッと引きこまれて見入ってしまう何とも神秘的な青色で、これぞリコリスの持つ妖艶な魔性の世界を感じさせるにふさわしい花と言えるかもしれません。

 

ブルーパール(8月21日)
ブルーパール(8月21日)
ブルーパール(8月21日)
ブルーパール(8月21日)

ブルーパール(8月22日)
ブルーパール(8月22日)
オフホワイト(8月19日)
オフホワイト(8月19日)
オフホワイト(8月21日)
オフホワイト(8月21日)

楊貴妃(8月22日)
楊貴妃(8月22日)
ロンギチューバ(8月22日)
ロンギチューバ(8月22日)
スプレンギツネ系(8月22日)
スプレンギツネ系(8月22日)
実生花(8月22日)
実生花(8月22日)

咲き初めのスぺラード(8月22日)
咲き初めのスぺラード(8月22日)

スぺラードは、ややクリームがかった白花系の花で、8月咲きです。こじんまりとした形良くまたまったヒガンバナ型の花形で、私も気に入っています。

スぺラード(8月23日)
スぺラード(8月23日)
スプレンギツネ系実生花(8月23日)
スプレンギツネ系実生花(8月23日)
桃色細弁の実生花(8月23日)
桃色細弁の実生花(8月23日)

早咲きのプミラ(8月24日)
早咲きのプミラ(8月24日)
早咲きのプミラ(8月24日)
早咲きのプミラ(8月24日)

インカルナータ(8月24日)
インカルナータ(8月24日)
ヘイスパー
ヘイスパー
ナツズイセンに似た花?(8月24日)
ナツズイセンに似た花?(8月24日)
今年初めて花を咲かせた実生花(8月24日)
今年初めて花を咲かせた実生花(8月24日)

今年初めて花を咲かせた実生による新花(8月27日)
今年初めて花を咲かせた実生による新花(8月27日)
ウエキも開花(8月27日)
ウエキも開花(8月27日)
ホウディシェリー(8月27日)
ホウディシェリー(8月27日)
ホウディシェリー(8月27日)
ホウディシェリー(8月27日)
ホウディシェリー(8月27日)
ホウディシェリー(8月27日)

山の根ゴールド(8月28日)
山の根ゴールド(8月28日)
山の根ゴールド(8月28日)
山の根ゴールド(8月28日)

山の根ゴールド(8月28日)
山の根ゴールド(8月28日)
オリジナル品種 「白 扇 (はくせん)」(8月28日)
オリジナル品種 「白 扇 (はくせん)」(8月28日)
濃赤色の極細弁花・2015年初開花の実生花(8月28日)
濃赤色の極細弁花・2015年初開花の実生花(8月28日)
2 コメント

2015年

7月

31日

久々の入笠山は、花と蝶の楽園

久しぶりに入笠山に行ってみました。入笠山は長野県富士見町に位置し、八ヶ岳に対面する比較的なだらかな2000メートル弱の山です。

今回行ってみてびっくりしたのは、ゴンドラ駅を降りてすぐの入笠山入口付近と、入笠湿原を過ぎて登山道に入る手前のお花畑が、自然風のいい感じの山野草園に生まれ変わっていたことです。様々な花々が咲き乱れ、蝶をはじめとする昆虫達の楽園になっていました。

山野草園内のヤナギラン
山野草園内のヤナギラン
山道脇に咲くクガイソウとヒヨドリバナ
山道脇に咲くクガイソウとヒヨドリバナ
鮮やかな色に咲くシモツケの花
鮮やかな色に咲くシモツケの花

蝶はアサギマダラやヒョウモン類が目立ちました。

アサギマダラ
アサギマダラ
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン

ツリガネニンジン
ツリガネニンジン

山道を少し歩いた先の、入笠湿原にもたくさんの花が見られました。

木道脇に咲くコオニユリ
木道脇に咲くコオニユリ
サワギキョウも咲きはじめていました
サワギキョウも咲きはじめていました
チダケサシ
チダケサシ

クサレダマ
クサレダマ
アザミ類にはヤマキチョウやヒョウモン類が吸蜜に来ていました
アザミ類にはヤマキチョウやヒョウモン類が吸蜜に来ていました

入笠山登山道脇に広がるお花畑も、本当に花いっぱい!

鮮やかな赤桃色は、近付いてみるとシモツケソウでした
鮮やかな赤桃色は、近付いてみるとシモツケソウでした
カワラナデシコ
カワラナデシコ
ワレモコウとカラマツソウ
ワレモコウとカラマツソウ

ギボウシ
ギボウシ
クガイソウ
クガイソウ

ヒヨドリバナとヒョウモン類
ヒヨドリバナとヒョウモン類
ヤナギランを前に
ヤナギランを前に

入笠山、山頂にて(1955m)
入笠山、山頂にて(1955m)
山頂より八ヶ岳を臨む
山頂より八ヶ岳を臨む
下山時、林縁で見かけたアサギマダラ
下山時、林縁で見かけたアサギマダラ
アサギマダラ
アサギマダラ
アサギマダラ
アサギマダラ

今回、朝の天気予報では大気の状態が不安定で、関東甲信越地方は俄か雨や雷雨に注意という事でしたが、登山中は良い天気に恵まれました。そして下山した途端に大雨!ラッキーな一日でした。

0 コメント

2015年

7月

21日

ミヤマシロチョウ探訪、浅間山系烏帽子岳へ

昨日、ミヤマシロチョウとの出会いを楽しみに、高校時代の蝶仲間と一緒に浅間山系の烏帽子岳を目指しました。

地蔵峠から樹林帯を約1時間歩いて、森林限界を超えた明るい草原に出ると、ヒラヒラと白い蝶が斜面の背後から舞い降りて来ました。ウスバシロチョウに似たゆるやかな飛翔姿に、しばしうっとりと見入ってしまいました。野性の生きた姿に出会うのは、これが初めてで感激しました。

ハクサンフウロの花で吸蜜するミヤマシロチョウ
ハクサンフウロの花で吸蜜するミヤマシロチョウ

ミヤマモンキチョウも尾根付近でたくさん見られました。食草のクロマメノキ(浅間ブドウ)豊富に自生しています。

マルバダケブキの花で吸蜜するミヤマモンキチョウの♀
マルバダケブキの花で吸蜜するミヤマモンキチョウの♀

高山植物も今を盛りとたくさん花を咲かせていました。

ミネウスユキソウ
ミネウスユキソウ
カワラナデシコ、シュロソウ、ネバリノギランなど
カワラナデシコ、シュロソウ、ネバリノギランなど
岩間に咲くシモツケ
岩間に咲くシモツケ

ミネウスユキソウ
ミネウスユキソウ
烏帽子岳山頂を背に
烏帽子岳山頂を背に
ホツツジ
ホツツジ
ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ

烏帽子岳の頂上直下で、私と同じ町内に住むSさんご夫妻にばったり遭遇してビックリ!Sさん達は、前日から下のキャンプ場に泊って、今日に臨んだという熱の入れようで、これまたビックリ!

山頂直下で、Sさん達にばったり遭遇!
山頂直下で、Sさん達にばったり遭遇!

山道近くでは、こんなチョウも見られました。

ヒメシジミ
ヒメシジミ
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ


フタスジチョウ
フタスジチョウ
烏帽子岳頂上にて
烏帽子岳頂上にて
烏帽子岳から望む根子岳と四阿山(あずまやま)
烏帽子岳から望む根子岳と四阿山(あずまやま)

今年は例年に比べると、ミヤマシロチョウの発生はかなり少なく、四分の一くらいということですが、今回実際の姿が見られたは幸いでした。


0 コメント